<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

<< 主従お題の | main | 頂き物。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
君に会えたなら
  昔に書いた駄文。しかもブル炎。

 
  

  
  

  *君に会えたなら*


  ずっと近くにいて、ずっと遠かった君の存在。
  泣いた時、嬉しかった時、君はずっとそばにいた。


  …そばに?


  いや、もっと、遠いところ。
  近いけれど、指一本届かなかった、
  遠いところ。

  ずっと会っていたのに、会えてなかった。


  「ブルース…」
  『なんでしょう、炎山様。』
  「いや、なんでもないんだ。なんでも…」
  『?』



  会いたい。
 


  『は…?』


  炎山は少し間をおいてからハッとなった。
  しまった。心の中で言っていたつもりが声に出してしまっていた。

  『炎山様…それはどういう…?』
  「いや、気にするな。」
  『ですが…』
  「うるさいっ!!気にするなといっている!!」

  少し怒鳴ると、ブルースはしゅん、となってPETのなかで足を折り、その膝に腕を絡ませ座っている。
  いわゆる、”体育座り”である。
  なにやら黒くよどんだオーラを発している。
  いつもの凛、とした容姿からは想像できない格好だ。
  流石の炎山もバツが悪そうに、

  「す、すまん、言い過ぎた。ブルース。」
  『いえ、俺が聞いたのが悪かったのです。…炎山様、お幸せに…グスッ』

  「は…?」

  どうやらブルースは先ほどの”会いたい”は仕事ばかりの炎山が
  彼氏(もちろんそんな奴はいない)に”会いたい”と言っていると勘違いしているようだ。

  「おい、ブルース。何を勘違いしている」
  『そん…ひっく、気休めはよし…グスッ』

  
  「…会いたいのは、お前だから…」


  『えっ?』

  そういうと、炎山はPETに軽く口付けをし、部屋をあとにした。

  

  一方、ブルースはなにがなんやらでフリーズしてしまった。



                                  END




  
  

  
  
| 小説*短編 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 14:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maron1992.jugem.jp/trackback/6
トラックバック
オーラソーマ
オーラソーマで人生を変えられる人もいます。オーラソーマで悩みを解決しちゃいましょう!
| オーラソーマ | 2007/04/30 4:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/30 5:41 PM |
彼氏 誕生日プレゼントに何贈る?
彼氏の誕生日プレゼントに何を送るべき...
| プレゼント | 2007/04/30 6:08 PM |
鹿嶋市中古住宅
鹿嶋市中古住宅についての案内が多数掲載されています
| 鹿嶋市中古住宅の案内 | 2007/05/01 4:39 PM |